糖尿病とわたし。

突然の糖尿病宣告。
治療&ダイエット
その他の病気やら、日常やらをブログにしようと思います。

ダイエットの話

今朝の体重 59.8キロ
血糖値 110


無理なダイエットをして、身体を壊してしまった友人が居て、
昔の事を思い出したので


今回はその時のダイエット話をしたいと思います。


22歳だか23歳だかの頃、ダイエットをしました。


74キロから、61キロまで落としました。
それで自分では成功したと思ったのです。


でも職場の男子に、「俺と同じ体重だ。」と言われ
他の細い男子に「俺より5キロ多い。」と言われ


がびーん!!


ダイエットが続きました。


ダイエット雑誌での、自分の理想体重が54キロだったので、
目標54キロにしました。


しかしこれが難しい。
まず中々50キロ台まで行かない。


スポーツジムへ通うようになって、やっと夢の50キロ台に突入しました。


しかし、それからも中々体重は変わらず、56キロ~58キロ位を行ったり来たりしました。


食事はこれ以上減らせない位に、減らしていたので、マイクロダイエットという、
一食をドリンクに変える方法にしました。


これが効果ありで、51~52キロまで落ちました。


その間、もちろんウォーキング・スポーツジムもちゃんとやっていました。
家ではダンベル・筋トレを本がボロボロになる程やりました。


それまでにかかった時間は、2年。
2年かけて51キロになり、職場の制服のサイズもSサイズが入るようになりました。


それでも男の子に「女で50キロ台はデブだよな」と言われました。
何となく目標が48キロになりました。


しかしね、もうやれる事はやっていて、これ以上体重は落ちなかったのです。


で、私は食べたらトイレで口に手を突っ込んで、出す。
そんな事をする様になりました。


そして最終仕上げは献血です。


血を抜けば、その分軽くなるじゃないの?という考えに至ったのです。
もう頭がおかしくなっていたのです。


で念願の48キロになり、目標達成しました。


私は嬉しくて嬉しくて、俺より5キロ多いと言った男子に報告しました。


男子は凄いね~頑張ったね~と笑顔で言った後に、こう言いました。


「じゃあ、あと5キロだね!!」


Σ(゚д゚lll) はい?


血までも抜いたのに?
あと5キロ?


無理無理無理~~~~~~!!!


こうして私のダイエットは終了しました。


痩せたら何か変れる。幸せになれる。
そう信じてやってきた結果・・・・・。


ナンパとかされる様になりました。
殿方からデートに誘われる様になりました。


デブというだけで、初対面の人に馬鹿にされる事もなくなりました。


そして恋もしました。


でもアレよ。
恋愛対象外から、スタート地点まで行けるようになっただけなので


恋の駆け引きも出来ない、好き好き全開の私なんてね~。


4股かけられていた上(しかも4股の中でも最下位)、75万円貸しちゃって、
(何とか間に人が入ってくれて、お金返ってきましたが)


風俗嬢と駆け落ちして消えて行きました。( TДT)


そんなこんなの青春時代。
まあ、あの無茶なダイエットが、自分の中で一番頑張っていたと誇れる事として、
リバウンドしましたけれども、自分の宝物として心の中にありました。


そして時が経ち、その当時のメンバーで飲み会した時に、
まあリバウンドしまくってる私を見て、みんなビックリでしたよね。


70キロになっちゃっていたの(゜o゜)


言い訳すると、祖母が亡くなって、母が倒れた時でね・・・・。


ある日突然倒れて、もう水も食事も口にする事が出来なくなった母を見て、
最初は自分が食事をする度に、罪悪感みたいなのがありました。


そのうちに、いつか自分もそうなる日が来る。
この食事が最後の晩餐かも知れない。


そう思うと、思い残す事の無いように、食べましょう・・・ってなりました。
で、糖尿病。あれ~(゜o゜)


話が戻って、その飲み会でね、やっぱりデブに戻った私は笑いの対象になりました。
「その着ぐるみ脱ぎなよ」とか?


丁度その時、海さんと一緒に暮らし始めた時で、幸せいっぱいだったので、
へらへらと流していました。


でも、昔の私のダイエットの話になって、人生で一番頑張った事として、自分の中にある。と言ったら


隣に座っていた、まあ当時から私の事、嫌いなのね~?って感じの男子が、鼻で笑いました。


「頑張って痩せた私~!!とか言ってるけど?デブだったよ?」
「俺の周りの女の子、みんな40キロ前半なんだけど?それが普通じゃないの?」


Σ(゚д゚lll)ガーン


私の2年間の誇りが、この短い一言で消えて行きました。
ちょっとコレは笑って流せませんでした。


私が糖尿病になったと知った日には、そいつに何言われるか分かったもんじゃない。


これが私の若かりし頃のダイエット話です(・∀・)


そして今度は病気で体重を落とさねばならない。という状況になりました。
今回はブログの読者さん、職場のみんな、友達が、優しくて


「頑張ったんですね。」
「痩せたね。」
等、言ってくれて、私は頑張れました。


食事控えて、運動して、夜中お腹グーグー鳴っている中、
明日の体重は、さぞかし減っているのだろうと期待していたら


「増えてる~~~~??」


ダイエットあるある。(´・ω・`) 


そんな時に、マイナスの事言われたら、私はメンタル弱いから無理なんですよ。


海さんと付き合い始めた頃
「今までの彼女はみんな痩せていて、こんなに太った人と付き合うの始めてだ。」
と、言われました。


で、ダイエットして5キロ位落ちた時に、まわりにチラホラ痩せたね~と言われたのに


「痩せた所で、俺のタイプの顔じゃないから、無駄じゃない?」って海さんに言われて、
ダイエットする気無くなりました。


で、リバウンドしたら海さんたら
「何でダイエット止めっちゃったの?痩せて可愛かったのに~。」とか!!


それ位、言った本人は、な~んにも考え無いで言っているんでしょう。
そして言った言葉すら覚えていない。


言われた方は、絶対に忘れられない位に、心に傷が付いているのに・・・・。


まあね、太っていて良い事は、あまり無いです。
馬鹿にされるし、健康にも悪いし、洋服も男物だし・・・・・。


だからダイエットしなきゃ!!なのです( ̄^ ̄)


でも、マイペースに。
食べなきゃ痩せるは、大間違い。


血を抜いていたあの頃、殆ど食べずとも減らなかった。
減っても多分、筋肉と骨が減っている。


あとダイエット中は、否定的な事言う人とは関わらないのが吉。


ゆるゆる太っていく私が、ダイエットについて、どうこう言うのもアレですが(・∀・)
でもでも!!


私54キロまでストーンと落ちたんですよ。
(今は60キロ)


その時、肌がカサカサ・髪も艶が無く、写真とか見ると老けている!!


今は、肌がつやぷるなんですよ。


体重が落ちればいいってもんじゃないんだな~って思いました。


なので私は、つやぷるな54キロを夢見て行きます!!
(餃子12個食べたくせに何を言ってる~~~)


私のお友達。
あなたを大好きな人がいっぱいいます。


入院しちゃう程、頑張ったのね?


でもほら、頑張りすぎちゃうと、身体がびっくりしちゃうから、
一緒にゆっくりやっていきましょう(*^_^*)























×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。