糖尿病とわたし。

突然の糖尿病宣告。
治療&ダイエット
その他の病気やら、日常やらをブログにしようと思います。

二つの言葉

け・・・今朝の体重 60.4キロ
血糖値 110


私は初詣に行った時に、絶対におみくじを引きます。


結構信じてしまっています。


前回、4股かけられて、75万貸して・・・・って事を書きました。
その年にも、おみくじを引きました。


もちろん凶で、神社3か所はしごして全部凶でした。


色恋に溺れるな。と書いてありました。


溺れたね~。
いや~溺れまくったね~。


で、一昨年のおみくじでは
「放置した病が、不治の病になる。」でした。


そして去年8月に糖尿病発覚。


当たったと言っても、後から読み返して「当たったね~」って感じだから、
あまり意味は無いのですが。


そして病気と向き合う事になったのですが、最初はノイローゼになりました。


もうすでに、内臓がどうにかなっているかも知れないと思っていたし、
HbA1c6.6%で緊急入院とかネットで見て


10.2%の自分は、どうなっちゃっているの?
と、ガクガクしていました。


ネットで色々調べれば調べる程、絶望的な感じになりました。


その時に、前向きなブログをやっている方々の記事を見て、
救われました。


そして、ふと、その年に引いたおみくじを読み返して見ようかと思いました。


去年のおみくじは、大吉でした。


病気の所には「本復すべし」と書いてありました。
頭の悪い私には、意味分らん。


早速携帯で調べました。


本復すべし。



完治しますよ


という意味でした。


いや、完治しませんけどね?分かっていますよ。(´・ω・`) 
でも


本復すべしという言葉が、頭・心に熱く流れて来た気がしました。


この言葉が一つ目の言葉です。
病気関係で落ち込んだ時に、おみくじで本復すべしってあったも~ん。
と思うようになりました。


完治しないのは、分っています。
分かっているのですが、やはり誰かからハッキリと、
「それってもう、治らないんだよね?」と聞かれると、ショックだし


逆に「早く完治すると良いね」と言われると、
治らないもん・・・と傷付いたりします。(じゃあ何を言えっていうんだって話ですが)


痩せたら良くなる。って何度も言われて、その良くなるっていうのは、
暴飲暴食とはいかなくても、人並みに食事しても血糖値上がらなくなる事と思っていました。


実際は、炭水化物食べたら、バッチリ上がります。
でもお医者さんに、凄い良くなったね。
こんなに良くなるなんて、めずらしい。と言われて


自分は全然良くなったと思えなくて、でも誉められて悪い気しませんが、
腑に落ちない・・・・(´・ω・`) 


そんな中で見つけた、二つ目の言葉。


寛解
かんかいって読みます。


完治とまでは、いかないけれども、症状が落ち着いて安定した状態。


知らなかった言葉でした。
完治しない事には変わりは無いですけれども、この言葉も何やら救われました。


いつかお医者さんに、良くなった良くなった言われた時に、
これは寛解と言えるのか?って聞いてみて


寛解ですね。と言われてみたい( *´艸`)


で、糖尿病って完治しないんでしょ~?って言われたら、
うん。でも私、寛解しているの~(・∀・)とか言ってみたい。










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。