糖尿病とわたし。

突然の糖尿病宣告。
治療&ダイエット
その他の病気やら、日常やらをブログにしようと思います。

もしかして、糖尿病?って人に伝えたい

大体このブログを見ている人は、同じ病気になっていると思うのですが、
中には私・・・糖尿病かも??どうしよう・・・って人がいるかも知れないので
自分の経験を書いてみようと思います。


今の職場に入って、何年か経った頃に副社長が糖尿病になって、
会社を辞める事になりました。


確か私より重度だったのかな?
当時はピンと来なかったんですけど、今ならなんとなく分かる。


血糖値が高くなりすぎて、意識がなくなり救急車で運ばれて入院。


退院してきた副社長は、本当糖尿病は怖いから気をつけろと言ってました。


自分の症状とか教えてくれて、絶対糖尿病にならないように!!って言ってくれました。
今ならその時の副社長の気持ちが分かります。


糖尿病は怖いって、テレビとかでやっていて、分っているけど
まさか自分がなるとは思わないし


糖尿病になってから、初めて聞いた事とかが多くて、
もっと早く知っていれば・・・って事があって


でも病気になったら治らないんですよね。
ずっとこれに付き合わなければならない。


だからせめて自分のまわりの人には、防いでほしいと思うんですけど、
私はあんなに散々気をつけろと言われたのに


副社長・・・今、何をされているんでしょうか?
お元気でいらっしゃるのでしょうか?


私・・・糖尿病になっちゃいましたぁああああああ!!!
あんなに気をつけろと言ってくれたのに・・・・・。


副社長の症状が、よくネットでも聞く喉が渇くでした。
喉が渇くって言っても、夏になれば喉渇くし、どの程度なのかと分かりませんでしたが


副社長曰く、2リットルのペットボトルを、ベッドの横に常に置いていないと不安で、
冷蔵庫には2リットルのペットボトルを3本入れていたとの事。


あと、尿が泡立って消えなくて、甘い匂いがする。


とても疲れる。


そう教えて貰っていました。


心のどこかに、その言葉がひっかかってはいました。
デブですし。


なので、泡立ったし甘い匂いがした時に、もしかして・・・・と思いました。
でも泡が消えないと聞いていたけど、それなりに消えたし


今思えば、凄く疲れていました。
大好きなウインドーショッピングも、疲れちゃって少し見て帰っちゃったり。


でも子供の頃から体力無くて、いつも疲れていたし、
太ったから身体が重いのかな。とも思っていました。


治療した今、自転車でいつも登れない坂道が、登れるようになっていて、
あの時は普通じゃなかったんだと気づきました。


あと喉が渇く。って奴
職場がラーメン屋で、夏場の厨房は温度が40度を超えます。


自分じゃなくても、みんな喉が渇いてガブガブ飲んでいました。
それに副社長のように、2リットルのペットボトルをあける程でも無かったので


もしかして私糖尿病かも?と頭に浮かんでも、
でも副社長が言うように沢山飲んでないし・・・。と現実逃避しました。


あとトイレの回数が増えました。
夜中にトイレに起きて、戻る時に水を飲んで寝る。を繰り返していました。


治療を始めて、職場の人にお水あまり飲まなくなったねと言われました。
夜中にトイレに起きる事も無くなりました。


糖尿病かも知れないと、思っている方。
喉が渇くし、トイレも近くなったし、良く言われた通りの症状になっても、
その時は気付かないです。


健康な人でも、飲む人、トイレ回数多い人います。
その人と比べて、自分もだから大丈夫と思ってしまします。


治療して、症状が無くなってから、あの時は普通じゃなかったんだと思うのです。


なので、もしかしたら・・・と不安になってネットで色々調べて、
ここにたどり着いた人がいましたら病院に行きましょう。


お金かかるし面倒ですが、それで安心を買うと思って行きましょう。


自分は何度もネットで糖尿病の事を見て、自分と合わない症状を選んで、
自分は違うから糖尿病じゃない。と思っていました。


症状の出かたなんて、人それぞれです。


私はこの症状が出たまま何年も過ごしていきました。
更に症状が進みます。


歯槽膿漏・・・これも糖尿病の典型的な合併症です。
私も知っていました。


歯医者に行きました。
歯磨きの仕方が悪いと指導されて、歯石取ってもらいました。


その時に、糖尿病で歯槽膿漏って事はないですか?と聞きました。


「う~ん。そういう事もあるかもしれませんが、違うと思いますよ」
と言われて、良かった~と思いました。


病院行けよ!!


更に症状は進みます。


朝に起きて歩く何歩か、足の指の付け根が痛いのです。
少し歩くと痛みが取れます。


椅子に座っていて、立ち上がる時も痛くなりました。
変な痛みで、ジンジンと痛みと痺れが混ざっている感じです。


その時は糖尿病?とは思わず、痛風??って思いました。


で、お得意のネットで歩き始めが痛い。とか調べてみて、
同じ悩みの人いて、まあ我慢出来ない痛みでもないし死ぬ訳でも無いし


職場のオバサマに言ったら、私もそうなるのよ~と言われ、
あ~別に気にする事じゃないな~と放置しました。


更に症状は進みます。


自分は元々無月経で、途中で治療も止めて放置していました。
そんな時に大量の出血がありました。


ビックリしました。
生理の血の色と違う、綺麗な色の血が止まらなくて、異常でした。


無月経の原因が、ホルモン異常で高プロラクチンて奴なんですが、
婦人科に行った時に、まあ一応無月経だった事とか説明していたんですが


血が止まらない事で行ったんですけど、その高プロラクチンという元々の異常の方があった為、おそらく糖尿病で血が止まらなかったんでしょうけど


そっちの方は気付かぬまま、その時に見つかった下垂体の腫瘍の検査になっていきました。


ここでお得意のネットで、生理不順で婦人科行って血液検査で糖尿病が分かった。
って話を見て


血液検査で何も無かったから、私糖尿病じゃなかったんだな~。と思いました。


血液検査といっても、色々あって、血糖値は調べなかっただけなのに。


そんなこんなで時は経ち、ある夏の日、凄い体調が悪い日がありました。
気持ち悪くて食欲なくて、夏なのに寒い・・・・。


病院行って点滴打つことになりました。
その時に糖尿病じゃないですか?と聞かれました。


私は健康診断とか行った事無いから分かりませんと答えました。


何故そんな事聞かれたのか分らなかったのですが、点滴にブドウ糖が入っていて、
糖尿病の人に打つと、血糖値1000とか行っちゃうらしい。


点滴打ったけど、私は大丈夫だったので、その時まだ糖尿病じゃなかったのかも知れないですが、症状がこれだけ出ていたので


念のため看護士さんが、糖尿病でも大丈夫な点滴にしたのかも知れません。


そしてその同じ夏、体重がストンと落ちました。
5キロ~7キロ?


これも有名な症状です。
ここまで来ると、かなり進行しています。


その時私は、自分が糖尿病かも?って思いが婦人科の血液検査で消えたので、
痩せた~~~!!わ~いと喜んでいました。


そしてその後、職場でコーラブーム到来しました。


元々コーラは飲まなかったんですが、みんな美味しそうに飲んでいて、
私もそのブームにハマりました。


ブームの火付け役になった男の子は、毎日コーラのペットボトルを3本持ってきて、
飲んでいます。


家に帰っても飲んでいるそうで、私はそんな彼に、
「そんなに飲んでいたら、糖尿病になっちゃうよ。」と注意しました。


ちょっとタイムマシーンでその時に戻って、
「お前がそうなんだよ、病院行きなさいよ~」って殴りたい。


で、症状が進みます。


お腹が空く。
とにかくお腹が空いてしょうがなくて、イライラして手が震えてきました。


で、外食とかして食べて少し呑んだあと、少ししかお酒のんでないのに、
酔っちゃいました。


弱くなったなぁ~と思っていました。


で、お酒飲むのを止めて、ジュースにしました。


ある日、すし屋に行きました。
沢山のお寿司と、ドリンクバーのコーラ5杯。


満腹満足で帰る途中、意識がぽわ~んとなりました。


アルコール摂取していないのに、何でだろう?と思いました。
今思うと、副社長が倒れた奴ですね。


今思えば危ない所だったのかも知れません。


そして、運命の健康診断が来て、まさかの健康診断中断の呼び出しとなりました。


血糖値330  HbA1c10.2


あんなに何度も、頭によぎった糖尿病。
宣告された時は、自分は糖尿病の疑いが無くなったと勝手に思っていたので


ビックリしました。


あと他に気になった症状というか、変化は・・・・。
くさい。という事です。


口が臭いと自分でも分かりました。
体臭も気になりました。


汗とか加齢臭とか、わきがとか、そんなのではなくて、
知らない臭いだけど、嫌な臭いでした。


あ、ちなみに教育入院終わってから、ホルモンの治療もちゃんとしようと、
前に行った婦人科へ行きました。


やっぱり前回の血液検査で血糖値は調べていませんでした。


で、自分は糖尿病で〇〇病院で治療中で、薬はこれと、これと、これを飲んでいますと説明したら


その日血液検査したんですけど、血糖値とHbA1cも調べていて
「糖尿病ですね」と言われて


血液検査の項目増えた分、多くお金を取られました。


何だかその時、もう色々・・・・・。
イラっと来ました。


まあ、私の症状はこんな感じです。


一人でも多くの人が、早めに病気が分かったり、
病気を未然に防げますように。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。